ITちゃんねる

仕事に役立つIT業界の最新ニュース

子ども向け組み立てタブレット「KanoPC」、日本でも発売 Win10Pro搭載

 リンクスインターナショナルは8月7日、子ども向け組み立てタブレットPC「Kano PC」を22日から全国の家電量販店で代理販売すると発表した。教育向けコンピュータを手掛ける英Kanoが開発したモデルで、基盤やバッテリー、スピーカーなどの組み立てを通してコンピュータへの理解を深められるという。プログラミングの基礎を学べるKano製の学習アプリも搭載する。市場想定価格は3万9800円(税別)。

 Kanoが7月に北米や英国向けに発表した第2世代モデルを、リンクスインターナショナルが日本向けにローカライズして販売する。海外モデルのOSはWindows 10 Homeだが、国内モデルにはWindows 10 Proを採用。日本語対応のJISキーボードもセットにする。

 主なスペックは、プロセッサがIntel Celeron N4000、メモリが4GB。ストレージが64GB(eMMC)で、MicroSDカードのスロットを備える。ディスプレイには11.6インチ(1366×768ピクセル)のタッチスクリーンを搭載。

 インタフェースはUSB 3.0×2基、USB-C×1基、HDMI×1基、3.5mmのヘッドフォンジャック×1基、3.5mmのスピーカージャック×1基。ワイヤレス機能はWi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)とBluetooth 5.0をサポートする。


子ども向け組み立てタブレット「KanoPC」、日本でも発売 Win10Pro搭載