Twitterがドナルド・トランプ大統領のアカウントを永久的に凍結すると発表した件について、Twitterのジャック・ドーシーCEOが「ソーシャルネットワークにとって正しい判断だった」とツイートしました。

Jack Dorsey defends Twitter’s Trump ban, then enthuses about bitcoin – The Verge

https://www.theverge.com/2021/1/13/22230028/jack-dorsey-donald-trump-twitter-ban-moderation-bitcoin-thread

Twitter’s Jack Dorsey Tweets About Banning Trump From Site : NPR

https://www.npr.org/2021/01/14/956664893/twitter-ceo-tweets-about-banning-trump-from-site

2021年1月9日、Twitterはドナルド・トランプ大統領のTwitter公式アカウントである「@realDonaldTrump」を永久に凍結することを発表しました。同年1月6日にはアメリカ連邦議会議事堂をトランプ大統領支持者が襲撃する事件が発生し、トランプ大統領のツイートがさらなる暴力を誘発する可能性があったことが、永久凍結処置の理由として示されました。

Twitterがドナルド・トランプ氏のアカウントを永久BAN – GIGAZINE

これについて、ドーシーCEOは「私たちの判断は正しかったのか?」と問題提起をしながら、「(トランプ大統領のアカウントの永久凍結は)Twitterにとって正しい決断だったと思います。私たちは異常で受け入れがたい状況に直面し、公共の安全にすべてを注力せざるを得ませんでした。オンライン上で演説した結果、現実に害が及んでしまったことで、私たちは『何をおいてもポリシーを施行すべきだ』と踏み切りました」と述べ、Twitterの判断は正しかったと強調しました。

また、ドーシーCEOは、Twitterが「健全なコミュニケーションを促進する」ことに失敗したと認め、Twitterのポリシーと施行にある矛盾を批判的に捉え、モデレーションに関する透明性を高める必要があると述べました。

ドーシーCEOがTwitter上でトランプ大統領への処置に関して言及するのは今回が初めてのこと。Twitterの判断は間違っていなかったと述べる一方で、ドーシーCEOは、企業が1ユーザーのアカウントを禁止できるという能力は「オープンインターネットの崇高な目的と理想を破壊するものです。自らを律するというビジネス上の判断は、政府がアクセスを遮断することとは異なりますが、結果として同じように見えます」とつぶやきました。

最後にドーシーCEOは「今この瞬間における私たちの目標は、私たちが可能な限り武装を解除して、より大きな共通理解とさらなる平和を目指すこと」と述べ、そのためにはインターネット上で繰り広げられるグローバルな対話が最善かつ最適な手段であると主張しました。