Microsoftは4月5日(米国時間)、「Microsoft Defender for Endpoint now supports Windows 10 on Arm devices – Microsoft Security」において、エンドポイント向けセキュリティソリューションの「Microsoft Defender for Endpoint」が、ARM版のWindows 10に正式対応したことを伝えた。これによえい、ARMプロセッサを搭載したWindows 10デバイスにおいても、より高度なセキュリティ保護機能を利用できるようになる。

Microsoftによると、ARM版のWindows 10には初めからディスク暗号化やデータ保護、次世代のウイルス対策やマルウェア対策といったセキュリティ機能が備えられているという。Microsoft Defender for Endpointでは、これに加えて脅威を防止、検出、および調査するための、クラウドベースのより高度な機能が提供される。企業のセキュリティチームは、Microsoft Defender for Endpointを導入することでサイバー犯罪者によってもたらされる様々な脅威に対して迅速に対応可能になるとしている。

公式ブログでは、Microsoft Defender for Endpointを導入したとしても、ARM版Windows 10のユーザーエクスペリエンスには影響を与えないことにも言及している。Microsoft Defender for Endpointの各種機能は、デバイスインベントリやアラート、応答アクションといった既に用意されている機能に準ずるため、ユーザーのPC利用に違和感を与えることはないという。Microsoft Defender for Endpointはエンタープライズ向けの有償サービスだが、無料トライアルも提供されている。