Netcraftは2021年4月30日(米国時間)、「April 2021 Web Server Survey|Netcraft News」において、2021年5月におけるWebサーバのシェアの調査結果を伝えた。2021年5月はnginxが1250万Webサイト増で、最も多かった。シェアも0.32%増やして35.65%に達している。さらに、インターネット経由で確認できるnginxが動作するコンピュータのシェアも1.6%増加し、1位を維持。2位のApacheとの開きを拡大させた。

2021年5月はOpenRestyもシェアを増やした。Webサイトとしては410万Webサイトの増加、ユニークドメインでは46万7000増加している。Netcraftはこの増加は主にGoogle CloudおよびAmazon AWSによるものだと分析している。Microsoft IISは先月に引き続き、2021年5月もシェアを減らした。Webサイト数では360万Webサイトが減少している。Apacheもシェアを減らし、市場シェアは0.20ポイント低下した。シェアの絶対数はまだまだ小さいが、このところOpenRestyが成長傾向を見せている。今後も同じ動向が続く可能性があり、今後の動向が注目される。