StatCounterから2021年4月のモバイルOSシェアが発表された。以下が、その結果だ。

日本におけるシェアは次のとおり。

世界的には、AndroidとiOSのシェアがほぼ横ばいで推移する状況が続いている。Androidのシェアは7割強、iOSのシェアは3割弱といった比率で推移している。一方、日本はiOSが7割弱、Androidが3割強といった状態で、世界シェアとは状況が逆転している。加えて、日本ではiOSが増加してAndroidが減少するという傾向が出ており、さらにiOSの影響が強くなりつつある。そのほか、日本ではモバイル向けのオペレーティングシステムとしてPlaystationがランクインしている点も特徴的。

Statcounter Global Statsは、世界中の200万を超えるサイトに埋め込まれたトラッキングコードから、これらのサイトにおける月間100億を超えるページビューで使用されているブラウザ/オペレーティングシステム/画面解像度を分析したもの。