StatCounterから2021年4月のソーシャルメディア(デスクトップ)シェアが発表された。

日本におけるシェアは次のとおり。

世界ではFacebookが35%前後のシェアで1位にある。しかし、Facebookは減少の傾向を示しており、これに追いつくようにPinterestが増加の傾向を示している。一方、日本ではほかのソーシャルメディアサービスと比べて、Twitterが6割に迫るシェアを持っており、その影響力は大きい。日本におけるFacebookのシェアは1割強とTwitterと比べて弱い存在感にとどまっている。

Statcounter Global Statsは、世界中の200万を超えるサイトに埋め込まれたトラッキングコードから、これらのサイトにおける月間100億を超えるページビューで使用されているブラウザ/オペレーティングシステム/画面解像度を分析したもの。