オンラインFPSゲーム「カウンターストライク グローバル・オフェンシブ (CS:GO)」は、「カウンターストライク」シリーズの最新作であり、2012年にリリースされて以来、毎年世界大会が開かれるほど根強い人気を誇るタイトルです。そんなCS:GOに登場する34種の銃の性能を徹底的に比較できるサイト「CS Weapons」が登場しています。

CS Weapons

https://www.csweapons.com/

CS Weaponsのトップページはこんな感じ。CS:GOに登場する武器のうち、34種の銃が掲載されています。

まずは武器を1つ選び性能を確認します。今回は左上の「DESERT EAGLE」をクリックし、続けて下部中央の「ANALYSE」をクリックします。

すると、「DIRECT」のタブに切り替わり、このようにDESERT EAGLEの性能が表示されます。

「TABLE」をクリックするとテーブル表示が可能です。

また、「DIRECT」タブの右側にあるスライダーなどから、銃を使用する際のシチュエーションを変更することができます。

上のバーを動かすと銃口から対象までの距離、下のバーを動かすと発射弾数の変更が可能。下の人間の表示モデルでは、銃弾が当たる体の部位、ヘルメット・防弾チョッキの有無を変更可能です。

部位はそのまま、距離だけを80フィート(約24メートル)に変更してみたところ、距離が伸びた分、「Damage Lost at Range(距離によるダメージ減衰)」が0%から33%に増え、「Damage(ダメージ)」が58から39へ減少しました。このように、1つの武器の性能をシチュエーションごとに表示させることが可能です。

さらに、2つ以上の武器性能を比較することも可能。トップ画面から、比較したい武器を複数選んでいきます。今回は「MAC-10」「AK-47」「FAMAS」を選択し、「ANALYSE」をクリックします。

すると、このように選んだ武器の性能が表示されます。また、各性能が最も優れた武器にはそれぞれ星型のマークが付けられるようになりました。

なお、右側に現れた「Alternate Mode」にチェックを入れると、FAMASであればバースト射撃モード、スコープ付きの武器であればスコープをのぞいた場合など、その武器が有する別の射撃スタイルで比較することができます。

さらに、「CHART」のタブをクリックし……

「Basic Charts」から比較したい性能を選んでクリックすると……

このように、分かりやすい棒グラフで表示させることも可能です。

CS Weaponsはサクサク軽快な動作で、細かい武器性能を比較することが可能。既存のCS:GOユーザーにも、新しく始めるユーザーにも参考になりそう。なお、CS Weaponsが登場したのは2021年5月5日のこと。リリースから8年以上経過してもこのようなサービスが作られることに、CS:GOの根強い人気がうかがい知れます。