国際刑事警察機構(ICPO: International Criminal Police Organization)は5月27日(フランス時間)、「Asia: USD 83 million intercepted in INTERPOL operation against online financial crime」において、6カ月にわたる共同作戦「HAECHI-I」によって、約900件のオンライン金融犯罪を解決したと発表した。500人以上の逮捕者があり、この取り組みによって押収した金額は8300万米ドルに及ぶと報告されている。

この取り組みは「オペレーションHAECHI-I」と呼ばれ、2020年9月〜2021年3月の6カ月間実施された。対象となったオンライン金融犯罪は主に投資詐欺、恋愛詐欺、違法オンラインギャンブルに関連したマネーロンダリング、オンラインセクストーション、ボイスフィッシングなど。

「HAECHI-I」は半年間にわたって行われた情報収集と共同作戦であり、1400件以上の捜査が行われ、892件の事件が解決したとされている。逮捕者数は585名。総額8300万米ドルが被害者から加害者へ不正送金されるのを阻止できたと報告されており、凍結された銀行口座は1600を超えている。

「HAECHI-I」に参加した国はカンボジア、中国、インドネシア、韓国、ラオス、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムのアジア9カ国。40人以上の専門の法執行官が動員されている。この作戦は韓国が支援するサイバー金融犯罪に対するプロジェクトであり、3年間のプロジェクトの最初の取り組みと発表されている。