NTTデータ・ビズインテグラルは1日、同社のERPパッケージ「Biz∫」(ビズインテグラル)シリーズ「Biz∫会計」「Biz∫販売」「Biz∫APF」において最新バージョンとなるv3.0の販売を開始した。

新バージョンではOSSデータベースのサポート、半数以上のセットアップ工数(58%)の削減、アプリケーション間でのバージョン依存やバージョンアップ対応など、工数や運用コストを低減する機能も強化。昨今の基幹システムにおけるクラウド利用傾向を踏まえてデータベースを選択したいというニーズに対応し、事業変革やM&Aなどグループ会社の増加にも迅速に対応できるように、導入時のセットアップ手順を削減している。ワークフロー分野やプロセスオートメーションでの実績を持つ「intra-mart」をベースに、基幹業務から業界別のソリューションまで広く展開する「Biz∫」シリーズは、多業種事業を展開する大企業など1,300社を超える導入がある。