キャッシュレス化が加速する中、財布を小型なものに買い替えた方も多いと思いますが、そうなると心配なのが紛失です。現金はもちろん、保険証やクレジットカードなど個人情報漏洩につながるリスクもあるので、所有物を忘れっぽい、失くしやすい方はテクノロジーの手を借りてみるのもひとつの手段です。

machi-yaでクラウドファンディングを開始した「aile 3」はMAMORIO RE(紛失防止タグ)を搭載したミニマルウォレット。財布としての機能性が高いだけでなく、紛失の際にはアプリですぐに場所を特定することができるんです。

気になるその仕組みや財布としての使い勝手など、早速詳細をチェックしていきましょう!

見た目以上の収納力

革工房を営む革職人から生まれた「aile 3」。正方形のミニマルサイズながら紙幣12枚、小銭40枚、カード8枚、鍵1本、忘れ物防止タグが入ります。

型紙製作の段階から可能な限りコンパクトになるように設計し、見た目以上の収納力を備えたのだとか。

厚みの出ない構造上の工夫

本体は紙幣、カード収納場所と、

小銭収納部分に分かれています。

こちら側にもカードが数枚収めることができ、場所を分散することで厚みを抑える工夫がなされていることが分かりますね。

紛失したらアプリで場所特定

忘れ物防止タグのMAMORIOは小銭収納部分の専用ポケットに収納。ここは鍵を入れるスペースとしても活躍してくれます。

タグを忍ばせておけば紛失時でも慌てることなく、専用アプリ(無料)にアクセス。即時にいつ、どこで財布を失くしたのかを特定できます。

タグ自体は電池交換して使えるので、財布のパートナーとして長く活躍してくれそうですね。

永久無料保証に込められた想い

本作は革工房を営む革職人の兄弟が手がけているプロジェクト。一生懸命作った財布を長く気持ちよく使っていただきたいとの一心で、工房が存続する限りは無料で修理を受け付けています。

出来立ての製品をすぐに手元に届ける、など小売店や問屋を介していないからこそのサービスも魅力です。年々職人が減りつつある革製品業界全体を盛り上げたいという想いなど、制作者のストーリーを感じ、手に取りたくなるような要素が満載のプロダクトですね。

カラーはブラック、ブラウン、グリーンの3色展開。カジュアル、ビジネスシーンに使える紛失タグ搭載のミニマルウォレット「aile3」はクラウドファンディングサイトmachi-yaにて、執筆時点では販売予定価格から超早割30%オフの9,800円(送料・税込価格)からオーダー可能となっています。

今回紹介しきれなかったプロダクトの魅力は以下のリンクから確認ください。

たどり着いた未来の財布。薄く、小さく、なくさない財布「aile3 エル」

超早割30%OFF 9,800円〜

machi-yaでチェックする

>>たどり着いた未来の財布。薄く、小さく、なくさない財布「aile3 エル」

Image: sinsinkobo

Source: machi-ya