「SoftBank World 2021」が本日オンラインで開幕した。テーマは「DXの今を知る。明日のビジョンが見えてくる。」。9月15日(水)から17日(金)まで、3日間にわたって60超のセッションが開催される。また、スポンサー企業によるオンライン展示会も用意されている。

イメージ動画(オープニング動画)は下記。ナレーションには「LINE AiCall」の音声合成技術が使われている。

■SoftBank World 2021 オープニング映像:

●日本経済の復活の鍵はスマボ

基調講演には、ソフトバンクグループの孫正義会長と、ソフトバンクの宮内会長が登壇した。

ソフトバンクグループ株式会社 代表取締役 会長兼社長執行役員 孫正義氏

孫氏は冒頭でテスラが先日発表したロボットのニュースを紹介し「カッコイイですね。いよいよ本格的なヒューマノイドの世界がやってくる、そんな予感を感じる」「われわれもロボットを既にやっている。Pepper・・今はうなだれている」と自虐的に語った。

孫正義氏は、かつて世界の経済を牽引した日本が、低迷する労働力と生産性の低下について触れ、失われた競争力を再び取り戻す復活の鍵は何か、減りゆく労働人口の問題をどのように解決できるのか、日本の成長戦略等について語った。

●「ガラボ」から「スマボ」へ

孫氏は、復活の鍵を「スマボ」(スマートロボット)にあると語った。iPhoneが登場した際の孫氏とスティーブジョブズ氏のやりとりを懐古しつつ、社会が「ガラケー」から「スマホ」に変わったように、「ガラボ」から「スマボ」に変わると解説した。

「スマボ」は「ガラボ」とは異なり、プログラミングなしでAIが学習することで仕事に順応していく世界、「ロボットのような人間」より「人間のようなスマボ」が評価される

●ソフトバンクファンドが支援する「スマボ」企業を紹介

ボストンダイナミクスの人型ロボットの「Atlas」(アトラス)がパルクールを行う映像を紹介し、その身体能力を高く評価したあと、物流倉庫で働く「Stretch」(ストレッチ)の動画を観ながら「自分で学習しながら臨機応変に対応していくところが素晴らしい。それがガラボとスマボの違い」と語った。

「2014年にロボットの時代が来ることを予見したが、AIが進化してロボットに組み込まれ、スマボによって労働力は3倍(24時間労働)、生産性は3.5倍、競争力は10倍に向上する」「スマボがもし1億台が導入されれば、労働人口にして10億人」という構想を展開した。

ソフトバンクはビジョンファンドを通じてスマボ関連企業を18社、支援している。それらの中から、力覚制御を開発するドイツ・中国の新興企業アジャイルロボッツの技術やオートストアの「自動倉庫型ピッキングシステム」を紹介した。

孫氏はフォックスコンの製造ラインや、オートストアが公開している導入効果のグラフを提示し、スマボ導入による効果を紹介した。

孫氏は、日本経済の再生の鍵を握るのは”スマボ”だと繰り返し、うなだれていたPepperもスマボ化によって活躍の場が生まれるし、スマボがあらゆる産業に影響を及ぼし、経済を牽引する、と力説した。

(神崎 洋治)