iPhoneで撮った写真は、とても自然です。

そこまで色補正や彩度の調整もなく、写真をポップにするためにデフォルトでコントラストを上げることもありません。何が言いたいかというと、iPhoneのカメラはデフォルトでは少しつまらないということです。

しかし、色やコントラストが豊かな写真が撮れるSamsungやPixelと比べると、少しおもしろみにかけるように思います。

そこで、今回は、PixelやSamsungのような写真が撮れる、Appleの新機能「フォトグラフスタイル」の使い方をご紹介します。

PixelやSamsungのような写真を撮るためにiPhone 13の「フォトグラフスタイル」を使う

フォトグラフスタイルは、すべてのiPhone 13のカメラアプリに搭載されています。

早速、使い方をご紹介しましょう。

カメラアプリで、上部にある矢印ボタンをタップシャッターボタンの上にツールバーが表示されるフォトグラフスタイルのアイコン(3つの四角)をタップ。このアイコンは、カメラアプリの右上にも表示されるすると、「標準」「リッチなコントラスト」「鮮やか」「暖かい」「冷たい」の5つのモードに切り替え可能

細かく調整する方法

以下のスクリーンショットで、それぞれのモードの違いを確認できます。

「標準」は何のエフェクトもかかっていません。

「リッチなコントラスト」は、Pixelで撮った写真に非常に近い写真が撮れます。Samsungっぽい写真が撮りたい場合は「鮮やか」を選びましょう。

「リッチなコントラスト」はトーンが抑えてありますが、「鮮やか」はトーンを強めます。「トーン」と「暖かみ」の設定は調整可能。

どちらかのオプションをタップして、左右にスワイプして調整しましょう。

写真が満足のいく仕上がりになったら(プレビューがリアルタイムで更新されるので、写真を生成する前に仕上がりがわかります)、このメニューを終了してください。

設定は保存され、その後撮影する写真はすべて、そのスタイルで撮影されます。

設定を戻したり、別のスタイルを選んだりしたい場合は、上記の手順をもう一度やらなければなりません。

カメラアプリを開き、フォトグラフスタイルのボタン(3つの四角)をタップして、それから「標準」モードに戻すか、別のモードを選びましょう。

強化版 Aioockee ワイヤレス充電器 18WQC3.0アダプター付属 Qi認証 3 in 1急速充電15W/10W/7.5W iPhone 12 / 12 Pro / 12 Pro Max / 11 / 11 Pro/Pro Max/Galaxy S20 /S10 / S10+ / S9 / Note 10/ AirPods Pro/AirPods 2 など対応 日本語説明書付き
3,480
Amazonで見る