(CNN)子どもたちの人気を博し、耳にこびりついて離れないことから、時に親泣かせにもなった幼児ソング「ベイビー・シャーク」が、動画投稿サイトのユーチューブ上で新たな節目となる再生回数100億回を達成した。

ユーチューブがCNNに対して確認したところによれば、この曲は2020年11月に同サイト上で最も視聴された動画の記録を打ち立てただけではなく、現在のところ視聴回数100億回に達した唯一の動画となっている。

韓国の教育サービス企業「ピンクフォン(ピンキッツ)」が企画し、韓国系米国人歌手のホープ・セゴインさんが収録したこの曲は2016年にリリースされ、アジア諸国で拡散しヒットを記録。だが米国人の心をつかんだのは19年になってからのことだった。

この動画では、実際に子ども2人が「ベイビー・シャーク・ダンス」を披露する一方、のどかに泳ぐサメとその一家がアニメで描かれる。動画はその後、タイトルにもなっているサメや口ひげを生やした「おじいちゃんザメ」たちが、子どもたちを捕まえようとするものの失敗し、無事を喜ぶ子どもたちを、ヒレにフォークを抱えながら遠くから見つめるという内容になる。

ただこの成功はいくぶん偶然も絡んでおり、ピンクフォン米国法人のビン・ジョン最高経営責任者(CEO)は19年、CNNに対して、動画がこのような飛躍を見せると同社は考えていなかったとし、「勝手にうまくいった種類の成功」と述べている。