検証! ダイソーの「梱包発送用ビニールバッグ」はフリマアプリで使える?

メルカリなどのフリマアプリで使う梱包材。ダイソーからは「梱包発送用ビニールバッグ」が発売されています。

わざわざお金を出して買うものなので「本当に使えるのか?」と疑問を持つ人も少なくないでしょう。そこで、実際に梱包して役立つのかを検証してみました。

結論は……これ1枚での発送は心許ない

筆者が購入したのは「梱包発送用ビニールバッグ」、サイズが約25cm×35cmのタイプです。無地で10枚入り、110円で販売されていました。

封かんテープが付いているので、他にテープ類などを使う必要はありません。

商品を入れてそのまま発送できる、とパッケージに書かれていましたが、フリマアプリにおいては「1枚だけで発送するのは危険かな」というのが正直な感想です。

理由は2つ。まず、1枚では梱包材としてはやや薄い気がしたからです。2つ目は、受け取った購入者の気持ち。このバッグに直接商品が入っていたら、おそらくもう少ししっかり梱包してほしいと思うのではないでしょうか。

受け取るのが面識のない購入者の方だと考えると、あくまでフリマアプリ関連の発送には、やや心許ないと思えてしまいます(ただ、例えば本当に親しい人に送る場合は、直接ものを入れてもいいかもしれません)。

また、ガラス製品や精密機器など、外からの衝撃を受けやすい商品は「梱包発送用ビニールバッグ」1枚では送ることができません。エアクッションなどで保護するか、段ボールなど頑丈な梱包材を使った方がやはり安心です。

商品が濡れる可能性も。空気抜き用の穴に注意

「梱包発送用ビニールバッグ」には、小さな穴が開いています。

袋の空気を抜くためのものだと思うのですが、フリマアプリの商品を送る場合、この穴がネックになることも。というのも、雨が降ったら、ここから水が入ってしまうことがあるからです。

この穴がうまく隠れるように梱包したり、内側と外側からテープで留めたりして穴を塞いでおくと良いかもしれません。

封かんテープで封をする時、穴でテープを塞ぐ形になってしまうと、中の商品とテープがくっついてしまうこともあります。

袋の容量に余裕があれば、穴部分を折って外から別のテープで留めるとスムーズです。

薄さはメリットにもなる。厚みのある商品の発送には大活躍

気になる点はあるものの、ビニール素材ならではの薄さがメリットになるケースも。

厚さが「3cmギリギリ」の商品の梱包をする時は大活躍しました。なぜなら、これ以上厚みが出てしまうと、ネコポスやゆうパケットで送れなくなってしまうからです。

この時は、商品を別のビニール袋で梱包したあと、最後に入れる外側の袋として「梱包発送用ビニールバッグ」を使用。ほぼ厚みがプラスされないので、規程のサイズ内におさめられました(前述の空気抜き穴ですが、封かんテープがうまくずれたので、問題ありませんでした)。

サイズがギリギリの商品を発送する際は、重宝しそうです。

外側の梱包材としては問題なし

「梱包発送用ビニールバッグ」は、封かんテープ以外のテープ類を必要としない点では、非常に便利なアイテム。ただ、繰り返しになりますが、1枚だけで商品を送るのは少し難しいと思います。商品をある程度保護してから入れることが条件であれば、とても役立つ梱包材になってくれるでしょう。
(文:川崎 さちえ(フリマアプリ・ネットオークションガイド))