ITちゃんねる

仕事に役立つIT業界の最新ニュース

これまでで「最も遠い恒星」を発見。約129億光年の彼方、ハッブル宇宙望遠鏡の観測から

これまでで「最も遠い恒星」を発見。約129億光年の彼方、ハッブル宇宙望遠鏡の観測から

ハッブル宇宙望遠鏡が、これまでに見つかったなかで最も遠い恒星を発見しました。Earendelと名付けられたこの星は、宇宙望遠鏡で撮影された恒星として最も遠く約129億光年の彼方にあるとのこと。つまり、その光は約129億年前に発せられたもので、いまの宇宙が誕生してからわずか9億年後の光、ということになります。