ITちゃんねる

仕事に役立つIT業界の最新ニュース

任天堂の厳しいコピーガードを破ろうとしたメーカーの挑戦とは?

任天堂の厳しいコピーガードを破ろうとしたメーカーの挑戦とは?

1980年代に「Atari 2600」などを開発したアタリは、サードパーティー製の低品質なソフトが市場にあふれたことなどからゲームソフトの低価格化を招き、経営を悪化させることになりました。これを回避するために任天堂は厳格なロット管理システムを導入しましたが、ゲーム会社のテンゲンなどは管理からの逸脱を試みました。テンゲンがどのように任天堂の目を逃れようとしたのかについて、開発者のニコール・ブラナガン氏が解説しています。